殺伐ちゃんねる

殺伐とした修羅場・武勇伝・復讐話など

2016年07月

中学のクラブ顧問に嫌がらせされたので全校を巻き込んで復讐した

159: 1/3 2013/11/08(金) 11:39:17.66 ID:0o/a1Ncg
武勇伝なんだかDQN返しなんだかだけど。長いので分けます。

中学の時のクラブの調理実習。過疎校なので、1~3年で11名だった。
3つの班に分けられた。作らされたのは「淡雪かん」…顧問教師の好物。
「卵白が余って勿体ない」という理屈。そういやその前日から当日にかけて、バニラアイスを作ったような記憶もある。

私達の班は部長(私)、A(副部長)、B(書記・会計)と部活動内役持ちが固められた。他はおとなしい子や下級生メイン、
リーダー役は私達の同級生のC(優しい)やD(この子も優しい)。
私とAとBは気が強くて顧問の言うことに納得がいかないととことこん反論するタイプだった。厨二病かもしれない。

そして淡雪かん作り。といっても作り方は皆知らず、調べてもない。その日の朝にいきなり顧問が言い出したことだから。
顧問としては以前から「お菓子作りをして卵白が大量に余る時」を待ってたみたい。卵白だけの目玉焼き?作って
皆で食べるのも楽しみだったのに。
黒板に書かれた手順通りに作業を進めるも、「卵白を角が立つまで泡立てる」に死にそうになるうちの班。
体力がない・運動が苦手でこのクラブを選んだ連中揃いなんで、交代でやっててもキツい。何故か量も多かったし。
その時、Dが「部長、これ使って。私達はもう終わったから」と渡してくれたのは、下級生達に先に使わせていた電動ハンドミキサー。
創部間もない弱小クラブだったから、皆で少しずつお金出して器具を揃えた。電動ミキサーは予算の都合で1個しかなくて、
C指導の下級生メイン班が最初に使い、その後でD達のおとなしい子班が使って、最後に私達のとこに来た。
これは事前に使う順番をそう決めてた。
そこでいきなり顧問が私の手からミキサーを取り上げ、「あなた達は人力でやりなさい」

嫁いびりに疲れた母は俺と一緒に死のうと考えたそうだ

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(119)

130: 1/2 2013/10/19(土) 10:09:43.78 ID:/HF5EtCY
俺が生まれて間もない頃母ちゃんは姑と小姑から嫌がらせを
受けていたらしい
旦那である父に助けを求めようにも海外へ出張していたため
電話で姑、小姑を諌めてもらうぐらいしかできなかった
しかしそんな事をしても全く姑たちには効かなかったらしく
俺を姑と小姑に奪われ、掃除、洗濯、炊事をやらされた挙句
「ご飯がまずい。もっとまともに作れないのか」
と作ったものを流しに捨てられたそうだ
ある時
姑たちが何をしても俺が泣き止まないので
俺を母ちゃんに押し付け
「うるさいから外に行って泣きやまして来い」
といった

俺をおんぶしながら
何で自分はこんな目に会うんだろうと考えて
俺と一緒に死のうと考えたそうだ

そして川に飛び込もうと思っていると突如俺が
手足をバタバタさせてキャッキャッと笑い出したんだそうだ

梅雨明け直後のくそ暑い時にガーデンウェディングやるってよ・・・

目撃ドキュ9 ◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
430: 愛と死の名無しさん
大学時代の友人の結婚式が来月末にある。聞くところによるとガーデンウェディングを
やるらしい。梅雨明け直後のくそ暑い時にガーデンウェディングをやるなんてもう
バカかアホかタワケかと言いたくなってきた。

このままだと「サムかった」じゃなくて「アツかった」披露宴になりそうだよ。
文句言ってやってもいいでつか?

431: 愛と死の名無しさん
サマーフェスタとかで安くなる時期なのかな?
文句言うのも欠席するのも(後のその友人との付き合いを考えないなら)自由だと思うが

432: 愛と死の名無しさん
>>430
が、がんばってねヽ(;´Д`)ノ
暑くて気分悪くなったら、遠慮なく日陰へ移動してください・・・

433: 愛と死の名無しさん
飲み物食べ物を確保しつつ日陰をゲットしてください

結婚式を質素にやりたかった新婦に新婦とプランナーがサプラーーーイズ!

目撃DQN56◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇

829: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/08/10(火) 12:57:34
本人達にその気がなくてもスイーツなプランナーに当たると大変。
うちは公開プロポーズをやたら薦められたが、嫁が
「それをやっていいのは若くて美男美女のカップルだけですよねぇ。」
と言い放って黙らせた。その後、寒い演出の押し売り一切皆無。

830: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/08/10(火) 13:05:41
それで黙るのはまだましなプランナー
「いやいや、新郎新婦さまなら大丈夫!とっても素敵ですよ!!」
などと言い張るやつもいる

832: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/08/10(火) 13:34:47
>>829
友人のあたったプランナーがお花畑全開だった

新婦はひたすら「地味に」「質素に」「内輪だけで小規模に」「食事会に毛の生えたようなもの」と念を押していた。
それに対して新郎は多少お花畑気味(せっかくなんだし○○とかしようよ、と提案して却下されたり)だった。
その温度差を利用したのがプランナー。
当日、新婦には内緒で新郎と組んでたくさんのサプライズを準備。

「母親に手紙読むなんて恥ずかしい。読むんなら自分の家で読むよ」と言っていたのに
何と「母親から娘への手紙」を準備させ、当日母親に読ませる。
また、「新郎から新婦への手紙」も(以下略) 
さらに、サプライズのプロフィールビデオ(新郎がこっそり新婦両親から写真等を借りたらしい)
最後の閉めは「新郎から新婦へ愛を込めて歌うカラオケ」
歌ったのは河村隆一の「Love is...」

大勢の前だし必死で作り笑顔で返してた新婦も最後には泣いてたので
司会者は「嬉しさのあまり涙を流す新婦」と表現していたけど
後に「何で自分の結婚式でこんな目にあうんだ…」と情けなくなって泣いてしまったらしい

大雨の日に飲み屋の路地でウェディングドレスを来た花嫁がいて邪魔だった・・・

目撃ドキュ9 ◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
500: 愛と死の名無しさん
今日は友人と普通に飲みに行ったのだが
広めの飲み屋は2次会のラッシュでした。
土曜日で6月だもんな、仕方ないか・・・・。

別の店で軽く飲んで、2件目行こうかと狭い路地に入ったのですが
22時過ぎだったかな・・・。3次会と思われるメンバーが狭い路地を占拠してた。
その中にウエディングドレス着てた花嫁がVサインして立っていた。
しかし・・・・本日大雨。
係の人らしき人が必死でドレスの裾を持ち上げて、傘をさして頑張っていた。
ドレスも結構ボリュームのある感じ。
そんなドレスで小さな飲み屋の路地に来るなよっ!と思ってしまった。
っていうか、大雨なんだから、さっさと店に入ってやれよと。

22時半ぐらいにこの格好でいるものなの?ナイトウエディングの2次会?

「知らん、早くしろ」しか言わないクレーマー客を一喝した

115: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/06(水) 21:00:00.82 ID:m54NGz69
俺の妹がコールセンターで働いていた時のプチ武勇伝。

とあるクレーマーが何度もっコールセンターに
「お前んところはどうなっ飛んじゃボケェ、詐欺じゃろうが!!」
とセンター職員の聞く耳持たず。

コールセンターは新規受付センターで、会員サポート窓口ではない。
新規センターにかけてばかりで、クレーマーをサポート窓口に誘導しても何度もかけてくる。

クレーマーは代理店で申し込んだことしかわからない。
比較的クレーマーに強い、うちの妹に電話。

はじめてご祝儀3万円がもったいないと感じた披露宴だった

目撃ドキュ9 ◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
567: 愛と死の名無しさん
昨日、某結婚式場での挙式&披露宴に出席しました。
こんなにひどい披露宴ははじめてでした。
ゲストのテーブル装花は、おそらく花屋に頼めば500円程度のもの。
料理は少なくマズイ。料理をサーブする担当者は、
テーブルの上にパンのかけらがおちていても見てみぬふり。
スープや、お料理のソースのサーブも人によって
量が違ったり入れ方が雑だったりと最低レベルでした。
後でその式場のサイトをみたら4.5種類あるコースの最低ランクの
料理でした。

でも、花嫁さんはウエディングドレスのほかに3着もドレスを着てご満悦。
写真やビデオ(DVDかもしれないが)などにはしっかりお金をかけて
らっしゃる様子でした。
3万円のご祝儀がはじめてもったいないと感じた披露宴でした。

最新コメント
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
スポンサードリンク
OLYMPUS ボイスレコーダー VoiceTrek 2GB スタンダードモデル 単4電池2本使用 VN-702PC ブラック/シルバー

証拠撮り撮影に最適なビデオカメラ用ピンホールレンズ【CN-PL2】

これ1冊で結納と結婚のしきたりがわかる本 (実用BEST BOOKS)

毒になる母親

APPLE iPad mini Wi-Fiモデル 16GB MD531J/A [ホワイト&シルバー]

Panasonic ナイトスチーマー ナノケア ピンク EH-SA44‐P

HUNTER×HUNTER 31 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)

DVD付き 聖☆おにいさん(8)特装版 (講談社キャラクターズA)

3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)
  • ライブドアブログ