殺伐ちゃんねる

殺伐とした修羅場・武勇伝・復讐話など

2016年10月

農家脳の結婚スピーチ「妻が夫を支え、家族一丸となって跡取りを産んで親を安心させ・・」

目撃ドキュ50◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
409: 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/04/27(月) 09:46:57
新婦が友人。親は医者で代々医者の家系。
本人は普通のOlだけど腰がヘルニアで結婚後は専業予定。
代々医者なので身内もインテリ系の人が多い。
新郎、自営の跡取り。母親&姉が過保護。身内も田舎ながらの農家脳。

うん式は凄かった。もう新婦側と新郎側の比率が凄かった。
落ち着いてワインを片手に静かに見守る新婦側と
日本酒でワイワイ裸になって宴会初めてアカペラカラオケ始める新郎側。

身内からの挨拶みたいなのも
新婦側「二人で助け合って幸せな生活を・・」
新郎側「妻が夫を支え、家族一丸となって跡取りを産んで親を安心させ・・」

出し物の比率も凄かった。
新婦側「バイオリンで静かな曲演奏」新郎側から「もっと歌える縁起のいいのやれ」とヤジ。
新郎側「婦人会で褒められた演歌」新婦側、耳を塞いでスルー。

特に強烈だったのが新郎母。いきなり両親からの挨拶でマイクを奪い
「嫁としてきたからには、もう実家はないものと思いなさい。腰が悪くても孫は産みなさい」
とやりたい放題。
新婦側の母親も軽くキレた様子で
「こちらとしては、いつまでも娘に違いありません!!ツライ事があるならいつでも帰ってきなさい!!」
それを合図が集合写真もとらずに、新婦側身内は退場した。

強風の中野外で結婚式→ヴェールが飛ばされトラックの下敷きに

目撃ドキュ50◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
393: 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/04/26(日) 01:08:07
今日、実家の近所にあるレセプションハウスでありましたよ結婚式

小ぶりの雨・強い風の中、そこのウリであるチャペルに続く広く長い階段に
震える正装の招待客たち

新郎新婦登場の瞬間突風発生
新婦のヴェールが飛ばされて隣の道路に落ち
クロネコヤマトのトラックに轢かれてました・・・

なんでそこまでして外に出たがるんだ・・・

一番バカなのはチャペルの鐘の音を聞いて
面白いものが見られるかも?と家を飛び出した私と弟嫁

二人劇団四季みたいな披露宴(5時間)だった・・・

目撃ドキュ4 ◎●サムかった、披露宴・・・●◎

612: 愛と死の名無しさん
私の見たサムい披露宴。

・新郎がマイウェイを朗々と歌いながら入場。(真っ白スーツ、胸に真紅のバラ)
・新婦はマリーアントワネットみたいなドレス(頭には巨大なリボン)で、
踊りながら新郎をお出迎え
・しかもお色直し4回、そのたびに踊り・歌いながら出てくる
・新婦の母親・妹が、赤と金の色違いスパンコールキャミドレス(羽織りものとかもなし)
・引き出物が100円ショップのアロマポットとオイル+二人で作ったラブラブクッキー

ま、ネタにはなったけどさ…。

結婚式中、新婦叔父がずっとでかい独り言を言っていた

目撃ドキュ50◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
334: 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/04/22(水) 08:58:44
プチとは思うけれど新婦親族として出席した結婚式。
挙式中、新婦叔父がずっとでかい独り言を言っていた。
それにつられたのか、私の横に座っていた祖母も
「新婦は布かぶって、前みえるのかねぇ?」といらない心配をし始めた。
シーっとジェスチャーで伝えたら祖母はわかってくれたが
叔父は全然気づいてくれず
新郎新婦が向き合った時に「今からチューするぞ!」とか言ってたorz

後日確認したら
叔父がずっと話していたのは新婦にも聞こえていたらしい。
おそらく新郎側の参列者にも聞こえていただろうなぁ…

21歳入社1年目の時、DQNな会社先輩の結婚式で祝辞を述べることになった

目撃DQN55◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇

776: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/04/28(水) 15:20:19
20年以上の前でスマン、その当時サービス業の会社に勤めていた、俺21歳、先輩22歳。
先輩は普段から素行が悪く、無断欠勤、言い訳バレバレの病欠も多く、上司からも目を付けられていた。
ある日「オレ、結婚すっけど会社に内緒だからよ。 お前も休み取って出てくれ」
という話。   勤務態度がその通りだったんで、土曜休みを上司に言いだせなかったらしい。
先輩いじめっ子、俺いじめられっ子、中卒の叩き上げで仕事は出来たが、正確はDQNそのもの。

親戚の結婚式、と会社に嘘をつき、当日を迎えた。  もう20年以上前だし、今はお互いの所在も
分からないので実名で場所を書くが、式を挙げるのは栃木の今市市で、直通は東武鉄道のみ、
後は新幹線で宇都宮まで行き乗換えというアクセスの悪さ(今市市のみなさんごめんなさい)
町田に住んでいた俺、時間間隔が分からず、東武鉄道の始発駅に着いた時には、ギリギリ間に合う便が
発車した直後で次の便を待ってたら1時間以上の遅刻になり、後々どんないじめを受けるかわからない。
背に腹は替えられず、新幹線に乗るべく上野へ。  宇都宮に着いて日光線のダイヤを見たが、
一番早い列車でも30分以上の遅刻、バスはもっと遅い。   そうだ、タクシー!!
気が動顛するあまり、距離感も頭になかったらしい。  しかし、背に腹は替えられない。
タクシーの運転手さんに「12時に今市まで、間に合いますか!?」と聞くと「高速使えばなんとか」
というお答え、祈るような気持ちで「お願いします!」と返事をした。
とりあえず車中で一息ついたが、そういえばスピーチを頼まれていたのを思い出し、感謝も尊敬も無かったけど、
「面倒見のいい先輩で、よく飲みに連れてってくれます(払いは半分以上俺がだしますが)」
ぐらいでお茶を濁そう、と思いつつ車は高速へ。  メーターは10秒に一回ぐらい上がる感覚、
新たな恐怖が俺を襲います。
以下、続く。

無職カップルがコンサートのグッズ売場みたいに新郎新婦グッズの即売会してた

目撃ドキュ50◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
481: 愛と死の名無しさん 投稿日:2009/04/28(火) 13:31:39
神経がわからんスレに載ってた。

新婦寿退職、新郎式の前にリストラで無職というカップルの式に行った。
まあお祝いムードより「お気の毒に」という空気が強かったんだけども、
それでもまあ何とか盛り上げようと頑張ってた。
で、料理が4品しか出ない。サラダ、ハンバーグとかのワンプレートランチみたいなもの、
お刺身数切れ、スープ。
お酒、もしくはジュースも一人一杯、もっと飲みたいのなら別料金でそれぞれの支払い。
聞いた事も見た事もないと驚いたが、事情が事情だけに
これもしょうがないという空気。
だけど、最後式が終わり出口に向かうとドアの所に長テーブルが置かれ、
そこにDVDが積んである。
これがプチギフトなのかな、と思ったら1枚500円と…
中身は新郎と新婦の映像。
(こんなもん買うか!)と思ったら何かもめてる。
なんとお客さん全員が一枚づつ買うのが義務付けられていた。

アニオタ夫婦の披露宴が最悪だった。アニメ声の司会「新郎新婦のご入場だにゃ!」

目撃DQN55◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇

699: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/04/20(火) 06:01:48
週末にあった披露宴。
新郎新婦ともアニオタとして有名。空気を凍らせることも多いが基本的に
悪い人間ではないので職場でも受け入れられている。
でも披露宴ではじけちゃった。

まず司会者が声優?だかなんだかしらないけどアニメ声で「新郎新婦の
ご入場だにゃ!」とか。もうね。鳥肌たちまくり。

新郎の友人による余興として5人のもっさりした男達がアニソンなのか
アイドルなのか知らないけど変な歌謡曲に合わせてオタ芸っていうらしい
踊りを狂ったように踊り出す。お年寄りは目を丸くして驚いていたが、
職場からの参席者は苦痛に耐えるようにうつむいたり目を泳がせたり。
あの「ふあふあ」みたいな叫び声を上げて盛り上がっているテーブルも
あって、まじで耐えるのがきつかった。ジャパネットたかたかと。

引き出物が新郎新婦をアニメ風にデフォルメした絵が描かれた壷状の陶器。
みんな「壷???」って感じだったけどその5人を始めとするグループは
「壷wwwっw」みたいに馬鹿受けしていた。
何が面白いのかわからないしわかりたくもないです。

他にもBGMがアニソン?だったり新婦の手紙朗読に何かアニメネタ?が
仕込まれていたり、そのグループだけがどっと受けて周りポカーンという
瞬間がいくつもあって、永遠のように長く感じた披露宴でした。

最新コメント
アクセス
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
スポンサードリンク
OLYMPUS ボイスレコーダー VoiceTrek 2GB スタンダードモデル 単4電池2本使用 VN-702PC ブラック/シルバー

証拠撮り撮影に最適なビデオカメラ用ピンホールレンズ【CN-PL2】

これ1冊で結納と結婚のしきたりがわかる本 (実用BEST BOOKS)

毒になる母親

APPLE iPad mini Wi-Fiモデル 16GB MD531J/A [ホワイト&シルバー]

Panasonic ナイトスチーマー ナノケア ピンク EH-SA44‐P

HUNTER×HUNTER 31 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)

DVD付き 聖☆おにいさん(8)特装版 (講談社キャラクターズA)

3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)
  • ライブドアブログ