今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 56度目
598: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 15:29:58 ID:pBXj8Bxk
ネタだと言ってほしい、自分でもネタだと思いたい体験。

小さい頃から母親は私と妹に凄まじく冷淡だった。
祖母に預けられっぱなしで、授業参観もめったに来てくれなかった。

小学校の高学年くらいのときに、不気味な笑顔で母が話したことは

「私はね、キャリアの人とずっとお付き合いしていたの。今はトップを狙える地位にいる。
家柄が違う、財産が違うってお母さんが
猛反対して、それでパーになっちゃって、その時慰めてくれたお父さんと
結婚したんだけど、やっぱりお父さんは馬鹿だからあんたたちも馬鹿よね」

ちなみに母は国家三種でお茶くみや雑用を5年ほどしていたらしい。
そして
「あのお母さんが亡くなりそうって同期に聞いたの。
あの人、待っててくれるはずだから、離婚する。あんたたちは置いて行くからね」

が、離婚する様子がいつまでたってもない。
さらに「友達」
時折小声でかけていて、「ああ、あの電話がそのキャリア官僚さんからの電話か」と
納得できた電話もぷつりと途絶えた。

母はひたすらイライライライライライラし続けていて、家の中で暴れるようになり、精神病院のお世話になった。
そのまま40代を終え、ボケた廃人のようになり、今もそれは続いている。(祖母ちゃんは元気)

就職して

599: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 15:53:01 ID:pBXj8Bxk
変なところで送信してしまった。スマソ

が、離婚する様子がいつまでたってもない。
さらに「友達」(職場の先輩や同期と思われる)からの電話と、
時折小声でかけていて、「ああ、あの電話がそのキャリア官僚さんからの電話か」と
納得できた電話もぷつりと途絶えた。
母はひたすらイライライライライライラし続けていて、家の中で暴れるようになり、精神病院のお世話になった。
そのまま40代を終え、ボケた廃人のようになり、今もそれは続いている。(祖母ちゃんは元気)

そして時は流れ、自分も就職して数年が経った。
友達に誘われた合コンに、母の勤めていたところのノンキャリアの人がいた。
寝不足だったのでべろべろになってしまったこともあって、二次会のトイレの前でその人に遭遇したとき
「あんたの所の***って奴のせいで私はーーーーーーーーっ!!!」と泣き崩れてしまった。

ところが「え?誰?その人」とぽかんとしている。
問い詰めたが「最近の偉い人」にはそんな名前の人はいないという。
私もぽかんとしてしまった。偉い人、というのは母親の妄想?それとも騙されてた?

妙に律義な人で、しばらくしてからメールが来た。
「聞いてみたら、確かにそういう名前の人がいて、15年くらい前に病気で亡くなったんだって」
15年くらい前というとちょうど離婚話を聞かされた頃。
「亡くなりそう」だったのは「お母さん」ではなく「その人」だったらしい。
死人に我が家は振り回されていたのか。

父はずっと私たちに優しく、たまに会っていたので、少し衝撃が覚めたころにその話をしたら
「全部知ってる。でもお母さんには言えなかった。ショックを考えるとな…今は話通じないし」と言った。

そして「離婚はしないよ、90近い祖母ちゃんが母さんの面倒見なくちゃいけなくなっちゃうからね」とも。
祖母への思いやりなのか、おとなしい父ができる唯一の復讐なのかはわからない。

600: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 16:05:23 ID:2ouONyzt
父との関係が分からん

601: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 16:08:51 ID:1Xpikpi7
血のつながった実の父親で、就職して独り立ちしてからも
優しい父とはたまに会っていた、ということでしょ

602: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 16:14:01 ID:DU89DW8A
なんとか分かったけどやっぱりよく分からん
なんかミステリー小説というか文が崩壊した本を読んでる感じ

603: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 16:14:14 ID:pBXj8Bxk
>>600
父と母は登山のサークル仲間。仕事は全然違うけど。

小さい頃サークル仲間の人が時々遊びに来てたし、サークルの行事で
子供の足でも登れる山に連れて行ってもらったことがあるから、これは確か。

604: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 16:19:28 ID:pBXj8Bxk
>>602
流れ的に

母、キャリア官僚候補との結婚を反対されて諦める

父と結婚、退職、子供(私たち)ほったらかし

「結婚を反対していた母親が死にそうだ」という情報
母イソイソと離婚準備

ところがその情報をもたらした元の職場の友達、先輩などから電話が途絶える
キャリア官僚候補からかかってきていた電話も途絶える

母、発狂、精神病院へ。退院したものの廃人化

私、就職。母とキャリア官僚候補が勤めていたところの人とたまたま知り合い、
酔っ払って絡む

「そんな人は今いない」と返答されて( ゚д゚)ポカーン

数日後メール「亡くなったって」時期は母がイソイソと離婚準備をしていたころ…

父に言ったら「知ってたけど黙ってた。んで離婚するつもりもない」

605: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 16:20:35 ID:2ouONyzt
>>603
そんなことじゃなくて、父親とは別居してたのかってこと

606: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 16:39:47 ID:pBXj8Bxk
>>605
いや、同居。
父・母・母方の祖母・私・妹で暮らしてた。

1年だけ別居したけど、(父・私・妹で暮らした)
父母両方の親戚がみっともないとかなんとか
ギャーギャー言って、すぐに戻された。

今実家にいるのは父・母・母方の祖母の3人。

607: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 16:43:15 ID:0Z3k1A2c
>>606
つまりあなたは現在、父とはたまに会うけど母とは会ってないという意味?
  ↓
>父はずっと私たちに優しく、たまに会っていたので


それにしてもなかなか衝撃的な話でしたね…

608: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 16:58:12 ID:NGQApNcV
文章の崩壊とは、このことを言うんだね

610: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 17:01:22 ID:pBXj8Bxk
>>607
うん。父には会う。そんときに祖母ちゃん連れてきてくれることもある。
でも実家には行かない。一緒にごはん食べたりお茶したりするか、父の実家で会うか。
廃人同様とはいえ、母の顔見るの嫌だし。

自分でもうまくまとめられないんだ…読みにくくてスマソ

612: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/05/12(火) 17:14:26 ID:rXD9NyO0
>>610
いやいや、ちゃんと読めたよ。
>(父とは)たまに会っていたので、
という部分が唐突すぎてわかりにくかっただけだよ。

言葉悪いけど、あまりにも不安定な母親は居ないほうがマシってとこあるよね。
そりゃ一人の女性としての思いも色々あったろうけど、
二人も子供産んどいてなんなんだよって思っちゃうよね。

おすすめサイトの最新記事