今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 60度目
966: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/10/03(土) 10:02:38 ID:Q160oUWe
 1年前入院した時、隣のベッドに入ってきた奴が20歳代後半くらいで、
末期の胃がんの宣告受けてたな。余命半年くらい。
食えないってだけで辛いのに、四六時中痛みと吐き気に襲われ
耐える様子が薄いカーテン越しに伝わってくる。
 ほお骨骨折の手術のために、バカンス気分でのんびり
過ごしていた俺はいたたまれなくて、外出許可書きまくって
近くの本屋に入り浸ってた。

 若いんで、最初は若い看護師が入れ替わり立ち替わり
座薬の時間の度に不必要な人数で押しかけ様子を
見にきて楽しんでたみたいだけど、宣言出てからは
婦長だけが頻繁に来る。
なんか会社の同僚みたいなのが借金を申し込んでたのも・・・

 本気の病人は、そういうのを受け入れなければならないのかな・・・。

967: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/10/03(土) 10:07:20 ID:SYWcquwU
>>966
頬骨骨折なのにバカンス気分でいられるんですか!?
顔の骨というだけで怖いです…
少し衝撃

968: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/10/03(土) 10:17:07 ID:Q160oUWe
>967

 男の子ですからw

 というより、折れ方が器用で眼底とあごの固定は問題なかったのと
顔面も多少ずれてるかな?くらいのため、遊び歩けるほど元気だったんです。
ちゃんと病院食は柔らかい物ばかり。労災+有給で休んでた。

 術後のカテーテル抜く時思い切り引っ張られた時の方が痛かった。

おすすめサイトの最新記事