目撃DQN55◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇

275: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/21(日) 23:42:35
カレーと結婚式というと、いつかのインドでの結婚式に出て、
あらゆるものがカレーカレーカレーカレーで、
帰国後も嫁にカレー臭いと言われたという投下話を思い出す。

276: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/21(日) 23:47:36
インドの王様の結婚式だっけ?w
何か勢いあってよかったよねw

277: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/21(日) 23:52:17
文化の違いがおもろかったなぁアレ
娘が父親に言われるまま、一度目通ししただけの男に嫁ぐとか
月収分の祝儀を出す代わりに、数ヶ月飲み放題食べ放題抱き放題とか

278: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 00:17:11
読んでみたいな
誰か持ってない?

279: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 00:35:50
昔読んだ「蒼のマハラジャ」って漫画の結婚式の場面を思い出した
何日も行事があって、歌や踊りが一晩中続いたり、その間新婦はご飯を食べる暇があまりないとか、莫大な持参金の話とか
1940年代のインドが舞台の話だけど、今でも似たようなものなのかな

280: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 01:06:33
15年前、アメリカに住んでた時そういう子がいたよ。
高校生だったんだけど、既婚者。
シチュも全く同じ、父親に部屋で待ってるように言われて男の人が来てしばらくしたら結婚式あげる。
結婚しても別居で、18歳位になって夫の住むアメリカに転居。
自分が会った時は彼女20歳で妊娠してた。
本人は全くおかしいとか、不満とかなかった。
それと、ちょっと話はずれるけどインドパキスタンアラブあたりは持参金が凄まじい。
娘一人嫁がせるのに一財産かかるので、貧しい人は娘が生まれたら殺す事もある。
持参金の少ない嫁、女ばかり産む嫁は殺される事もある。
殺されてもま、しょうがないか…って感じになるらしい。
結婚は男にとって一種のチャンスであって、持参金で企業なんて事も良くある。
大体、インドでは女の人権って殆どない。
最近ではほとんどないがサティという習慣があって、夫が死んだら火葬の際生きてる嫁も焼く、
それは素晴らしい貞淑のあかしだそうで、国連人権保護団体が止めてるが今でも田舎ではあるそうだ。
泣き叫んで嫌がる寡婦を無理やり火に突っ込む。
最近では持参金を持たせられないが、代わりに学歴をつけるというのもある。
なのでインドでは高学歴で、特に医師や学者の女が多いらしい。
学歴があると、持参金が少なくても何とかなるとか。
医師になるための学費も安くはないが、持参金はもっとかかるって事。

またずれるが、フィリピン人も凄かった。
17歳と14歳と10歳の姉弟がいたんだけど、17歳の娘はアメリカに来るまで父親とは数回しか会った事が無いと言う。
旅行に来ていた雨人父とピリピン母が出会い、即結婚妊娠。
雨人父帰国、ピリピン母長女出産。
また父ピリピン旅行、母妊娠次女出産。んでまた旅行長男出産。
父実はアメリカに妻子あり、ばれて離婚。
しばらく音信不通になるも、父体壊して働けなくなる。
元妻は当然だけど、息子三人も父を見放す。
父、ぴりぴん人母を呼ぶ、母子供三人連れて渡米、
子供三人と父を養うため働き、子供達は父を崇拝する。
凄過ぎて何も言えんよ。

281: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 01:14:18
スレ違いの上に長文だとぉ!?

282: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 01:27:17
そう言えばスレ違いだった。
読みふけってしまった。

283: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 01:29:14
スレ違いだけど興味深い…。
そして日本人で良かった。

284: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 07:20:44
外国の事を知れば知るほど日本に生まれて良かったとつくづく思う

285: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 07:49:43
インドはなぜか女児の「死産率」がすっごく高いらしい。旦那が亡くなって
すぐに未亡人が「病死」する確率もすっごい高いらしい。

287: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 08:00:53
>>285
でも調べてみたら、インドも平気寿命は女性の方が高いんだね

290: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 08:56:34
>>287
女児な上に病弱だったら育てずに殺す、貧乏な家なら育てずに(ry

女児には生後間もなく2段階の選別が働いた上での平均寿命なわけです。

289: 愛と死の名無しさん 投稿日:2010/02/22(月) 08:24:27
プーラン・デヴィの本そのまんまだな。
女はもう人間じゃなくて物みたいだなって思ったけど。
あれもそんなに昔の話じゃないしな…
たしか10年位前に暗殺されたが…

おすすめサイトの最新記事