胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(83)
kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1255856760/

330: おさかなくわえた名無しさん 2009/10/27 20:29:59 ID:SkGvkKYm
まだWindowsが3.1だった頃のお話。 

当時中学3年生だった自分はパソコン部を立ち上げて初代部長に収まり、プログラム書いたり同級生(エロゲー)やぷよぷよで遊んだりしていた。 
当時の他のメンバーは、航空自衛隊空佐の娘で同人作家志望の腐女子Aちゃん、ヤ○ザの息子で右翼思想で警棒常備で何故か小説書くのが得意な超問題児B君、 
ラジオライフ読者で無線、ビデオ撮影、編集の達人のY君、昨年までいた陸上部が諸般の事情で潰れて流れてきた握力70kgのI君と、人材豊富すぎる部だった。 

その年に入ってきた社会教師(ハゲ)が絵に描いたようなクソ左翼系教師で、お約束のようにAちゃんを「人殺しの子」呼ばわり。 
他にも色々あって、我々パソコン部は堪忍袋の緒が切れた。文化祭のパソコン部の展示で報復する事に決定。 

俺:当時のPC-98の性能を限界まで引き出したゲーム「○○の拳」を製作。ちなみに○○にはハゲ教師の名前が入る。 
  全12章に及ぶ超大作で、当時珍しいテーマソング付き。FM音源の限界に挑んでPCで音声合成モドキ(今で言う初音ミクみたいなの)を実現。 
  「ハゲ」としか歌えなかったが… テキスト量だけでいったら当時のFFを越えていた…と思う。 
  あと、相性占いプログラム。但し、入力された名前をこっそりセーブしているというトラップ付き。 

Aちゃん&B君:Aちゃん挿絵、B君本文で官能小説「ハゲ達の午後 番外編」を製作。内容は今で言うところの鬼作みたいなやつ。 

Y君:自衛隊のプロモーションビデオとドキュメンタリー作品「○中スペシャル 太平洋戦争の真実」を製作。 
   全編「ハゲ先生はこう言っていたけど実際はこうだった」という論調。内容はゴー宣みたいなの。 

I君:整理係 兼 用心棒(PCに全然詳しくなかった) 

よく考えると半分以上がパソコンと関係ない展示だが、来客にはどれもバカ受け。校長先生にも大好評だった。 
案の定ハゲ先生はファビョったが、B君の「無理矢理中止させたら親と一緒に伺いますよ」の一言で沈黙。 
文化祭後、ハゲ先生の勢いは完全に衰え、生徒たちにおちょくられる存在に成り下がった。 

その後、俺はAちゃんとつきあい始めて…なんて話はなく、それぞれ別々の高校に進学して散り散りになったが、 
今でも同窓会で集まると、当時のパソコン部の話で盛り上がる。あの頃は本当に楽しかった…