殺伐ちゃんねる

殺伐とした修羅場・武勇伝・復讐話など

祖母

祖母が「○ちゃん、お腹空いてない?お腹空いてない?・・」と繰り返していた理由

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 74度目
194: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/05/03(火) 21:46:47.97 ID:gsHmsVal
先月、祖母が亡くなりました。89歳でした。
孫の中では私が一番年下なせいか(父が末っ子)、いつも私は「小さい子」扱いで可愛がってもらってました。
「○ちゃん、お腹空いてない?おやつあるよ、羊羹もきんつばもあるよ。ばあちゃんちにあるものなんでもお食べ」
といつも言われていました。和菓子があまり好きでない私は、いつもちょっと困ってました。
ひ孫もいるけれど、晩年に痴呆の症状が出てきていた祖母は、ひ孫のことを私の名で呼んだりしていました。
きっと私のイメージはいつまでもそのように「小さい子」だったのでしょう。

もういよいよ危ないというとき、両親と共に病院になんとか間に合い、祖母と話ができました。
祖母は父に、母に、何度も何度もお礼を言っていました。
けれど、私の顔を見るなり急に動転しだしたのです。

「○ちゃん、お腹空いてない?お腹空いてない?大丈夫?お腹空いてない?」

そればかりを繰り返すようになった祖母・・。
私が「大丈夫だよ、おなかいっぱいだよ。ご飯食べたばかりだよ」と言うと、心底ほっとした顔をしてました。
父が「母さん、棚に羊羹があったろう。あれを食べたから大丈夫だよ」と目に涙を浮かべながら言いました。
「そうかい、羊羹あったかい。それじゃ安心だ。・・○ちゃん、お腹空いてない?大丈夫?」
同じ会話をずっと繰り返し、しばらくして祖母は静かに眠り、そのままずっと眠りにつきました。

父から、祖母は戦中・戦後の貧しさの中でわが子を亡くした人であったこと、弱ったわが子(父の姉)が
地主さんから恵んでもらった羊羹で助かったことがあることを教えてもらいました。

祖母 「嫁が派手な服を着るなんて品が悪い」母「風呂にも入らない人が品を気にするんですか?」

【宣戦】義実家にしたスカッとするDQN返し 216【布告】
360: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/25(火) 13:27:04.59
母の話

「嫁が派手な服を着るなんて品が悪い」が口癖だったうちの祖母
母は赤とかオレンジとかが似合う人なんだけど、ただのセーターとかトレーナーとかなのに言われてた

親戚が来て、祖母と一緒に出掛けようという
親戚の前ではお上品な祖母
祖母がクローゼットから一張羅をとっかえひっかえしながら
「どれだと品がいいかね~」とやってるところに

「風呂にも入らない人が品を気にするんですか?」と
母が大きな独り言(本人談)

祖母は極端な風呂嫌いで、夏場でも半月入らないとかザラ
家族の誰が言っても聞かないのを、ポロっと親戚のいる前で言っちゃったもんで
祖母赤面しながらトイレに籠城


母は
「嫁子ちゃん、よく我慢してたねえ…私も話しながら、臭くって…」
って親戚からも慰められた
私は他のことしてて別の部屋にいたから、現場を見れなくて残念

自分の父親と知り合いのお祖母さんが同い年だった。(知り合いは同い年。)

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 68度目
906: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/10/07(木) 01:09:56 ID:U3OHyYqr
今大学4年の俺の祖父母が明治45年生まれと大正10年生まれ
親はどっちも昭和25年生まれ

今年の我が部の某新入生の祖父母はどっちも昭和27年生まれ

なんだか衝撃的だった

おばあちゃんがレズビアンになった

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 68度目
738: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/10/04(月) 15:22:52 ID:RkTj/ZZm
衝撃的といえばおばあちゃんがレズビアンになったこと

ある日、おばあちゃんが真剣な顔で話がありますって言って
うちに頻繁に遊びにきていた人(おばあちゃんとは学生時代からの友達)を改めて紹介した
その人とおばあちゃんはどちらも早くに旦那さん(どちらも幼馴染)を亡くしてたんだけど
色々苦労して大変だったときとかいつも二人一緒に頑張ってきて、
お互い家族みたいなもので、もちろん今の家族に不満があるとかでもなくて、でも今残りの人生を二人で過ごしたい
「私はもうこんな歳だけど、今もこの人に恋してるんよ」って言ったあとわはは、って照れ笑いしてた

まあなんか色々あって、父は○○さんとならいいよって答えて、
(割とすんなり答えたので私も母もかなり驚いたが父曰く「予感はあった」)
おばあちゃんもその人もすごく喜んで、貯金はたいて新しく買った家に引越していった

うちのおばあちゃん昔の人にしてはかなり背も高いし気風の良いドーラみたいな婆さんだったけどまさかね…
ちなみに相手の人は全然ドーラとは違うふにゃふにゃしたかわいい人でした

まあ今は四人再会して仲良くやってるだろうと思う

昔おばあちゃんが私が好きな野球選手と飛行機が同じになりサインをもらってくれた

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 68度目
94: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/08/31(火) 14:02:31 ID:UZ6pd5Wo
昔おばあちゃんが私が好きな野球選手と飛行機が同じになりサインをもらってくれた
それまではと(いうか実は今もだけど)
「サインなんてただ紙に名前書いたもの、ファンであってもいらない、むしろ邪魔」
って考えだったんだけど
おばあちゃんの気持ち(とサインしてくれた人の優しさ)がありがたくて捨てられない

祖母姉と見合いした男が、お茶を運んできた祖母と勘違いして結婚を承諾。

****私は見た!! 不幸な結婚式113****
281: 愛と死の名無しさん 投稿日:2012/06/09(土) 05:45:33.21
凄く古い話で「私は聞いた」なんだが、構わないかな。

明治生まれの父方祖母の姉が家のすぐ近くに住んでて、祖父が物凄く気を遣って食事に呼んだり祖母と3人で旅行行ったりしてたが、子供の俺は単なる仲良しだと思ってた。

実はそうじゃなかった。祖母姉と見合いした男が、お茶を運んできた祖母と勘違いして結婚を承諾。
式当日に花嫁の顔を見て間違いに気付いた男、何と式だけ揚げてその日から妾の家に入り浸り、祖母姉には指すら降れなかったらしい。跡取りの子供も、実は妾の子。
(続く)

うちにはかつて数億円の財産があったらしいが、うちの婆ちゃんが1人で使いきったこと。 約20数年で…。

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 66度目
956: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/04/27(火) 19:14:48 ID:liHSUtzW
うちにはかつて数億円の財産があったらしいが、うちの婆ちゃんが1人で使いきったこと。
約20数年で…。

うちの爺んは福島から関西に出てきて、とある企業を設立。
それが成功し、まだ子供だったうちの親父達家族はそりゃ裕福な生活をしてたらしい。
ところが爺ちゃんん、好物の塩辛いものを食い続けたことがたたり、46歳の若さで脳溢血でポックリ逝く。
親父達子供はまだ大学生だったし、路頭に迷うか…と思ったら
生命保険と爺さんがコツコツ稼いだお金、その額数億円にも上った、らしい。
そして子供たちはそれぞれ独立し、婆ちゃんは1人で、爺ちゃんの残した遺産で悠々と暮らしていた。
旅行にはいきまくるわ骨董やら買いまくるわ、日本舞踊は習うわ
そして私達孫にもおもちゃとか、高いものではないけど買ってくれたり。
極稀にパートはしてたけど、日雇いの清掃員とかそういうのばっかり。
子供心に、年金ってたくさんもらえるんだなぁと思ってた。

最新コメント
OLYMPUS ボイスレコーダー VoiceTrek 2GB スタンダードモデル 単4電池2本使用 VN-702PC ブラック/シルバー

証拠撮り撮影に最適なビデオカメラ用ピンホールレンズ【CN-PL2】

これ1冊で結納と結婚のしきたりがわかる本 (実用BEST BOOKS)

毒になる母親

APPLE iPad mini Wi-Fiモデル 16GB MD531J/A [ホワイト&シルバー]

Panasonic ナイトスチーマー ナノケア ピンク EH-SA44‐P

HUNTER×HUNTER 31 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 68 (ジャンプコミックス)

DVD付き 聖☆おにいさん(8)特装版 (講談社キャラクターズA)

3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)
  • ライブドアブログ